2011年08月04日

「ローマの休日」のファッション

「ローマの休日」のファッションというと、アンのブラウスの襟がスペイン広場のところで、変わっているというのは、有名な話ですね。

その前までは、襟がとじていたのに、ここでは開襟になっていますね。

再度、映画で確認してみてください。

ローマの休日のファッションといっても女性に出演がオードリーヘップバーンくらいしか思い当たらない。


では、英語のセリフの前回からの続きです。

ジョー Live dangerously,take the whole day!

1日中、冒険しようよ。

アン I could do some of the things I've always wanted to.

できるものなら、ずっとしたいと思っていたことはあります。

ジョー Like what?

どんなこと?

アン Oh,you can't imagine.I'd ,I'd like to do just whatever I'd like,the whole day long.

 あなたには想像できないわ。私がずっとしたいと思っていたこと。

ジョー You mean,things like having your hair cut?Eating gelato.

髪を切ったり、ジェラートを食べたりすること?

アン Yes,and I'd like to sit at a sidewalk cafe and look in shop windows,walk in the rain!Have fun,and maybe some excitement.It doesn't seem much to you,does it.

そう、歩道のカフェですわったり、ウインドウショッピングしたり、雨の中を歩いたり。楽しくて、ワクワクすること。でも、あなたにはつまらないことね。



うまくジョーはアンをのせましたね。いよいよここから、アン王女の冒険の始まりです。

続きはまた。
posted by 英語できたい君 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマの休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ローマの休日」での「ジェラート」の場面

「ローマの休日」での「ジェラート」の場面です。

この場面でアンがジェラートを途中で捨ててますよね。

全部食べ終えることがなく。

時計の針もなぜか進んでます。

これ真似する人が多くて、掃除がたいへんになってしまうので、スペイン広場の階段でのジェラートは禁止になったそうです。

ではこの「ローマの休日」の「ジェラート」の場面での英語の続きです。

アン Well,I only meant it to be for an hour or two.They gave me something last night.


1,2時間のつもりだったの。彼らは私に眠くなる薬を打ったの。

ジョー Oh,I see.

 そうだったのか>

アン Now I'd better get a taxi and go back.

 タクシーをひろって、帰ります。

ジョー Well,look,before you do,why don't you take a little time for yourself.

うーんと、帰る前に自分のために時間を使ったら?

アン Maybe another hour.

1時間くらいなら。


王女さまなので、ジェラートを食べるということもできなかった。これだけでも、十分アンにとっては、冒険だったのでしょうが、特ダネをとらなくてはならないジョーはここで引き下がるわけにもいかず、次にもっと楽しもうよという提案を次にします。


それについては、また次回ということで。
posted by 英語できたい君 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマの休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

「ローマの休日」の「スペイン広場」

「ローマの休日」というと「スペイン広場」のシーンを思いうかべる人が多いらしい。

どんなシーンかというと、アンがジェラートを食べているところに、偶然を装ったジョーが現れて、これからアンにとっての冒険の1日が始まるというシーンです。

では、このスペイン広場の二人の会話を英語で紹介します。

ジョー Well,it's you.

おや、君だったのか。

アン Yes,Mr.Bradley!

そう、ブラッドリーさん。

ジョー Or is it?

 それのこと?(髪型を変えたことを聞いている。といいますか、よくわかりません)
  髪型変えた?(日本語字幕はこうなっています)

アン Do you like it?

気に入った?(ショートカットにした髪型のことを聞いている)

ジョー Yeah,very much.So that was your mysterious appointment.

とても似合っている。謎の約束とはこれだったのか?

(この部分もいつ約束をしているという会話をアンがしたのか、わからない)

アン Mr.Bradley,I have a confession to make.

ブラッドレイさん、告白することがあるの。

ジョー Confession?

告白?

アン Yes,I ran away last night from school.

私は昨夜学校を逃げ出したの。

ジョー Oh,what was the matter?Trouble with the teacher?

どうしたんだい、先生ともめ事でもあったのか?

アン No,nothing like that.

そういうことではないの。


とこんな感じで続くのですが、続きはまた。

posted by 英語できたい君 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマの休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

「ローマの休日」の「名言」とは?

「ローマの休日」の「名言」とは何だろう?

そう思って、検索してみると、

mns相談箱に

「ローマの休日で名言ってありますか?世間で言われているもの、あなたが思うもの、あれば教えてください。出来れば英語も載せてくれるとありがたいです。」
という質問があって、

回答に次の三つが「ローマの休日」の「名言」として答えてありました。

それが

「人生は、必ずしも思うようになるとは限らない。」
「友情を信じます、人々の友情を信じるように。」
「いずこも忘れ難く善し悪しを決めるのは困難、、、ローマです!無論ローマです。今回の訪問は永遠に忘れ得ぬ想い出となるでしょう。」

です。

残念ながら、英語がなかったので、探して英語にしてみました。

「人生は、必ずしも思うようになるとは限らない。」

 これは、終わりの方で水にずぶ濡れになったあと、ジョーのアパートでアンが料理をしたいけど、と、ジョーに言うと、

ジョーが「キッチンがないんだよ、だからいつも外食さ」と折った後にジョーが言ったセリフです。

Well,life isn't always what one likes,is it?

「友情を信じます、人々の友情を信じるように。」
これは、最後の記者会見でプレスの国同士の友情を信じるかという質問に対して、アンがジョーたちに私との友情を信じるという意味をかけて言ったものだと思われます。写真を公表しないものを信じますということでしょうか?

そのアンの英語のセリフが次のものです。

I have every faith in it,as as I have faith in relations between people.

「いずこも忘れ難く善し悪しを決めるのは困難、、、ローマです!無論ローマです。今回の訪問は永遠に忘れ得ぬ想い出となるでしょう。」

これは記者の今回のどの都市が一番印象に残っているかとの質問に対してアンが答えたものです。

そのアンの英語のセリフがこれです。

Each in its own way was unforgettable.

It would be difficult to ...Rome!By all means,Rome!  will cherish my visit here in memory as long as I live.



posted by 英語できたい君 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマの休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ローマの休日」の「名セリフ」はどこか?

ローマの休日」の「名セリフ」としてあげられる箇所として、別れの車の場面をあげる人が多いようです。

それが以下の「名セリフ」です。

ANN Stop at the next corner, please.

 次の角で止まってください。

JOE. OK. Here?
 
 ここですか?


ANN Yes. I have to leave you now. I'm going to that corner there, and turn. You must stay in the car and drive
away. Promise not to watch me go beyond the corner. Just drive
away and leave me, as I leave you.

 はい、私はあなたの元を去ります。あの角まで行って曲がります。
 あなたは車の中にいて、走り去ってください。角の先に行って、私を 見ないと約束してください。だた、走り去ってください。私もそうします。
 
JOE Alright.

 わかった。

ANN I don't know how to say goodbye. I can't think of any words.

 お別れに何と言っていいかわからないわ。どんな言葉も思いつかない。


JOE. Don't try.

 何も言わなくていいんだよ。

以上が「ローマの休日」の「名セリフ」に選ばれた部分です。

 いかがでしょうか?ここは確かに哀しさが印象に残る場面と言えるかもしれません。


posted by 英語できたい君 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマの休日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。